言葉変換『もんじろう』用アイコン ブルーベリー農園見学 (おぐら農園・筌の口ブルーベリー園)   

2011年 07月 16日

7月も中旬になり、ブルーベリーもすくすく育ってきました。
製造の渡邉チーフと竹下くんと共に、ブルーベリー農家さんの農園見学してきました。
今回は九重町へ。

f0017696_9255661.jpgおぐら農園・安達さん
丹念に育てたブルーベリー。
先日、小学生たちが摘み取りを
行ないました。(観光農園では
ありませんが、イベントとして)

ブルーベリーは200種類以上もの
品種があります。摘み取り園向けの品種、とっても大きな粒のもの。ジャムには程よい酸味と皮のハリがある品種が向いています。栽培方法から、色々と説明頂きました。勿論、味見も!

8月にはジャム向きの品種も育ちます。試作を重ねてトライしていきます。
一口にブルーベリージャムといっても、畑・品種によって千差万別です。
素材選びからスタートしなければ、美味しいジャムはできません。

f0017696_9285218.jpg

一路、吊り橋
方面へ。
途中、地卵ソフト
で栄養補給(笑)

牛が草を食んでます。九重町は、牧畜が盛ん。大分県(豊後牛)は黒。つやつや☆



f0017696_943561.jpg
九重「夢」の大吊橋手前、「筌(うけ)の口」。
観光農園・筌の口ブルーベリー園・時松さん
ご夫婦で小さな摘み取り園をされています。大々的な宣伝してませんが、熱烈なリピーター多し。

こちらでも様々な品種を見せてもらいました。
食べ比べると、品種による味の違いが面白い☆
どのような用途で栽培するか、セレクト重要です。

何と、ハスカップを発見!
北海道で有名ですね☆
野生のハスカップは甘味がほとんど無く酸味強いですが、品種改良でブルーベリーに近い味わいに!但し、生での日持ちはおそろしくしないので、収穫後は冷凍保存されてます。

安達さん、時松さん、ありがとうございました!
[PR]

by kaze-youbi | 2011-07-16 09:47 | 生産者のみなさん

<< 南高梅ジャム、仕込み 泉そば (金鱗湖そば) >>