言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 新宿伊勢丹、九州展無事終了しました   

2006年 02月 28日

新宿伊勢丹にて22日~27日と開催された「大九州展」も無事終了しました。
今回は、由布院より鍵屋さん(亀の井別荘)・玉の湯さん・無量塔さん・桐屋さんも出展し、とても勉強になりました。

由布院から出展した皆さんのお店には、それぞれの哲学(?)があり、そういったところまで含めて味わえる商品を多数出品されていました。

限定商品では、鍵屋さんの「おはぎ」、無量塔さんの「Pロール」、玉の湯さんの「ゆず胡椒」、桐屋さんの「柚子餅」などがありました。風曜日は「丸ごとみかんジャム」(越冬みかんジャム)を限定200で出品していましたが、初日にいきなり行列ができ完売、急遽2倍追加しました。

私の隣は桐屋さんで、井尾さんが1週間販売されてました。玉の湯さんもお隣だったのですが、こちらは商品のみ、販売は伊勢丹の方が行っていました。
「風のハルカ」をご覧になっているお客様も多く、また風曜日にご来店いただいたお客様、以前お買い求めになられたお客様など、多くの方にご来店いただきました。

湯布院に戻ってからも、さらに頑張ろう、と思う事ができました。
伊勢丹のスタッフの皆様、出展業者の皆様、販売を手伝ってくれた小松さん、井尾さん、、そしてご来場いただいたお客様、皆様ありがとうございます。
今後も精進して参りますので、よろしくお願い申し上げます。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-28 10:00 | Trackback | Comments(1)

言葉変換『もんじろう』用アイコン ジャムランキング   

2006年 02月 18日

本日、新聞に「ジャムベスト10」が掲載されていました。
(日本経済新聞、別冊「何でもランキング」)
タイトルは、「朝食におすすめのジャム」!
堂々の一位に輝いたのは、軽井沢の「沢屋」さんでした。

沢屋さんのジャムは、軽井沢に出向いた時に買いまくった覚えがあります。
アウトレットモールができて1年くらいのときでしょうか?
盆過ぎでしたが、肌寒かったような・・・さすが日本有数の避暑地ですね。

ちなみに、「沢屋」さんのお店とハムソーの「腸詰屋」さんは、何店舗もお店があり、圧倒されました(笑)

ランキングには、ボンヌママン(ギンガムチェックの蓋が目印)やフォションといった海外のジャムから、セゾンファクトリーやサンクゼール(斑尾高原牧場)といった国内組まで沢山載っていました。

大きなメーカーさんばかりですが、それぞれ個性的なジャム作りをされています。
他にも、掲載されずとも「美味しい」希少価値の高いものは存在します。
うちも頑張って、ランキングしたいな、と思いました(笑)

もっとも、当社のスタンスは 「素材にこだわった手作り」 です。
よそにはない 「オリジナル」 「安心・安全・顔の見える商品」が商品開発の基本です。
少量限定ですが、その分味にこだわっていきたいと思います。
まだまだ若輩者ですが、応援よろしくお願い申し上げます。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-18 17:52 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 2月は何故28日か?   

2006年 02月 17日

今日の湯布院は割と良い天気です。
東京の友人から「今日は雪だ」とのメールが入りました。
そういえば、2月なのにそこまで寒くないな・・・12月には記録的な大雪でしたが(笑)

2月は何故28日なのでしょうか?
これは、高校のときの世界史で覚えた記憶があります。
ちなみに、絶対入試に出ないとことばかり覚えてました(笑)

昔、暦を決めたときには、3月が年始、2月は「年末」だったようです。各月は31日の月と30日が交互に並んでいましたが、どうしてもズレが生じる(日数オーバーになる)ため、「年末=2月」で調整していたんですね。まさに年末調整(笑)

さらに、皇帝アウグストゥスにより1日毟り取られたという話も。
皇帝の名前が元になった月は、7月(July=ジュリアス・シーサー)、8月(August=アウグストゥス)と2つあり、8月が30日だった(7月より1日足りない)ことに怒ったアウグストゥスが、2月から1日取ってきたらしいです。
これでもともと少ない2月がさらに少なくなったようです。
「シーサー(カエサル)より多く」と2日取ってこなかったのが、せめてもの救いでしょうか(笑)

「ユリウス・カエサル」と「ジュリアス・シーザー」はどちらが一般的な呼び方なのでしょう?
呼び名が違うと、別人かと思って混乱します。
似た名前も大変で、「フランシス・ベーコン」「ロジャー・ベーコン」など、ベーコンさんは同姓同名も含めて数人いた記憶があります。

ちなみに、「ユリウス暦」と「グレゴリウス暦」の違いは、忘れてしまいました。
周辺知識は結構覚えていましたが、その雑学も風化しつつあります(笑)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-17 16:33 | Trackback(2) | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン バレンタインでございます   

2006年 02月 14日

2月14日はバレンタイン!
大分トキハのスイーツコーナーでは、チョコレート販売のお店がズラリ。
かのジャン・ポール・エヴァンもでてました。(ショウケースに布を敷き、小さな箱がポツポツと)
大分での人気は、どうなのでしょうか?!

売り場で目を引くのは、その名もズバリ「2月14日」さんの、巨大なチョコレート・オブジェ。
音符のような(?)形をした、人の背丈ほどの巨大なチョコレートが、ガラスケースに鎮座していました。丸い玉やカカオ豆みたいなモノが沢山くっついていたのですが、その表面の美しさは金属彫刻のようです。(画像が無いと判りづらいですが・・・生憎デジカメを持ち合わせがなかった!)
「アステカ」という名の芸術作品、製作はオーナーシェフの阿南喜一氏です。
前衛的なデザインと「アステカ」という名前に、阿南氏の鋭い感性を感じます。
下世話ですが、展示が終わったらどうするのでしょうか?
食べるのかな?
今度お店で聞いてみます(笑)

トキハさんのB2には由布院コーナーもあり、「風曜日」商品も置いていますが、
今日ばかりはチョコに「ちょこっと」売場をゆずっています(笑)

ちなみに今日は妹の誕生日でもあります。
パートさんからもチョコレートをもらいました。ありがとうございます。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-14 20:55 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン ちょいと真面目に   

2006年 02月 13日

今日は夜7時30分よりミーティング、10時30分に終了しました。
社員の皆さん、おつかれさまでした。

現状を把握しながら「計画と検証」ですすめていくのですが、
もっと皆が発言しやすいミーティングの在り方を考えていきます。

「より良い会社」を作ることが、私の責任だと思います。
働いている人が感動できる職場作り、美味しい商品を作るための情熱を大切にしていきます。
最近の私は、どうしても外向きの仕事が多かったため、
自分を助けてくれる身近な人たちに目が向いていなかったと反省しています。
皆の力をマックスに引き出すことが、経営者の一番の仕事だと思います。

15~16日と、東京で行われる「商業会ゼミナール」で勉強してきます。
最近は心が狭くなりがちなので、一度立ち止まって整理することも必要ですね。

なんか堅苦しくなってしまいました(笑)
これから夕食ですよ~(何を作ろうか?思案中です)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-13 23:12 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン たまにはイタリアン   

2006年 02月 13日

土曜日の夜ということで、友人たちと大分のBOCO DININGさんへ。
シェフの腕と、素材にこだわった有機野菜で評判のお店です。市内の住宅街にあるのですが、
駐車場のスペースとお洒落な外観にびっくり!です。

昨年2月にオープンしたとのこと、もうすぐで1周年らしいです。
席数もほどほど、やはり味を求めるなら、席数は限られてきますね。
この日はコース料理(4000円)をいただきました。
見た目も楽しめる、色鮮やかな野菜が印象的でした。さつまいものスープは、クセがあまり無く、上手に作っているな~と思いました。
個室を予約しておいたのですが、個室は1部屋だけなので、予約はお早めに!

その後、Ken’s Barでピアノを聴きながら、お酒を飲みました。
私は運転担当なので、トマトジュースやグレープフルーツジュース(まわりに塩を付けて、S・ドッグ風に)などをちびちび飲みました。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-13 08:23 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 「さぼり」さんの玄米ごはん   

2006年 02月 11日

本日は、工房近くの「さぼり」さんで夕食です。
夜は予約制で、予算に応じてコースが選べます。お昼はランチ(1,800円)がおすすめ!
玄米食・季節の野菜を使ったお惣菜など、「体にやさしい」味を楽しめます。

店内には、息子さんが製作した置物や器がたくさんあります。
自然に囲まれ、ゆったりと落ち着ける、隠れ家的なお食事処です。

クレソンの胡麻和え、酢の物の干し柿入りから始まり、いろんな種類の味を堪能しました。
それがまた、かわいらしい器で出てくるものだから、見た目でも楽しませてくれます。
大根や煮物、ごまどうふなど、どれもやさしい味付けで、ヘルシー志向の女性に受けることは間違いないですね(笑)
雑炊も、山芋と蟹のすり身が入っており、アクセントの生姜が良い香りでした。
シメは自家製きんかんの甘露煮。どれも心づくしの効いた、やさしい味でした。

「さぼり」さんの玄米は、産地を限定せず、その時期で一番美味しい状態のものを二重の釜で炊いています。噛めばかむほど滋味深くなる玄米は、お好みでごま塩を振ります。そのまま食べて、ある程度食べた後にごま塩をかけるのがベターですね。

美味しいご飯を頂いた後は、たまったお仕事に取り掛かります。
結局、2時くらいまでかかってしまいました(笑)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-11 08:21 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 吉澤さん、農業賞受賞!   

2006年 02月 09日

「丸ごとみかんジャム」「みかんジュース」で最高のみかんを提供してくれた、吉澤 郁郎氏が第37回大分県農業賞(特別賞)を受賞されました。
おめでとうございます!
f0017696_23182619.jpg

     (吉沢さん、美味しいみかんいつもありがとうございます!)
吉澤さんは12ヘクタールの畑で、様々な栽培方法にトライしています。
美味しいみかんは苦労の賜物。愛媛から移られて30年以上、奥様とともに「柑橘一筋」でこだわってきました。今では心強いことに、ご子息も一緒にみかん作りに励んでいます。

吉澤さんのみかんの特徴は、何と言っても「甘みがあり、味がしっかりしている」ことです。
私はここのみかんを食べて、味のとりこになりました。
これからもご家族一丸となり、美味しいみかん作りに頑張ってください!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-09 19:16 | Trackback(1) | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 風のハルカ、Farewell Party   

2006年 02月 09日

8日の夜、ゆふいんビールの「麦酒館」にて、「風のハルカ」の皆さんをお迎えしてパーティーが行われました。
湯布院ロケも3度目、いよいよラストに向かって目が離せません!
出演者の皆さんも、長い撮影を通じて本当の家族のようになっていました(笑)NHKの朝ドラはじっくりと取り組むスタイルなので、湯布院を描くにはもってこいですね。

おもてなしの料理はゆふいん料理研究会の皆さんをはじめ、手作りの味でおもてなししました。
風曜日は「梅蜜」「みかんジュース」の2点に加え、喫茶で作ったオードブルも持っていきました。その内容は・・・・・・

 1.アボカドと自家製ゆず胡椒、マヨネーズ和え
 2.自家製くんせい(サーモン)&クリームチーズ、オニオン添え
   (以上は軽く焼いたフランスパンにトッピング)
 3.りんごコンポート&生クリーム、ゆずシロップ煮をクラッカーに添えて
 4.焼きたてチーズケーキ一口サイズ
 
f0017696_2328982.jpg
f0017696_23283774.jpg

です。(ワンプレートずつなので、すぐに無くなっちゃいました)

「おもてなし」の声がけで、皆が一つになるところが湯布院の魅力でしょう。
3度目の湯布院ロケとあって、私も出演者・スタッフの皆さんと仲良くなりました(笑)すっかり地元に馴染んでますね。この日も「ゆふいんらしい」楽しい一夜でした。
「風のハルカ」は紆余曲折を経て、大円団に向けて盛り上がっていきます!
この日の盛り上がりから見て、間違いないですね(笑)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-09 18:06 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 「食の学校」無事終了、ありがとうございました!   

2006年 02月 09日

小倉伊勢丹で行われた「食の学校」、無事に終了しました。
大勢の皆様にお集まりいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。進行を努めていただいた村さん、スタッフのみなさん、ありがとうございます。
私自身も勉強になりました。次回はもっとコミュニケートできる形で進行していきたいな、と思います。これからもよろしくお願い申し上げます!

試食は七種類!アンケートにも記入いただきました。参考にさせていただきます。

試食の中では、定番の「丸ごとみかんジャム」「ゆずシロップ煮」「かぼすポン酢」が評判でした。思いがけないところでは、試作段階の「さつまいもジャム」「甘酒」なども人気がありました。
「人参りんごジャム」「ゆず胡椒」などは評価の分かれるところです。

また、天草の皆さんによる炭酸まんじゅう・ざぼん・かるかんなどの名産品の販売も行われ、とても良い雰囲気でした。各界の「食のプロ」のお話を聞けるよい機会です。火曜日に行われていますので、興味もたれた方はぜひご参加ください!(連絡先:九州のムラ 093-513-2113)

お昼は「むらごはん」自慢のおにぎり&みそ汁です。日本人でよかった、と思うメニューですね(笑)「むらごはん」には、九州各地の「こだわり」の逸品が集合しています。私の喋った翌日には、「佐伯のいりこ」が入荷されました。おにぎりなどテイクアウトのメニューもあります。
 小倉に行った際には、ぜひ覗いてみてください。元気いっぱいのスタッフもいます(笑)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-02-09 17:43 | Trackback | Comments(0)