言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン ボブくん   

2006年 03月 31日

昨日は良い天気でした。
ここ数日、風が強く、いろんなものが飛ばされています。
春一番、ですね。

ワンちゃんが遊びにきました。
イングリッシュセッターの「ボブ」くんです。大型犬ですが、おとなしく人懐っこいです。
元気いっぱいなのは、まだ若いから?
福岡の今村夫妻のわんちゃんです。

風曜日のドッグラン(竹で囲った手作りで、営業できるようなものではありませんが・・・)、ご近所(PAPIPAさん)のドッグカフェをはじめ、由布院にもわんちゃんたち(&犬連れの奥様方の)憩いの場は沢山あります。

天気の良い日は、皆であそびましょう!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-31 08:20 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン だんご汁と鶏肉   

2006年 03月 30日

昨晩もかなり冷え込みました。
こんな夜は、暖かいものを、とのことで、母がだんご汁を作ってくれました。
鶏肉は、だんご汁に入れたわけではなく、父の新商品の余りです(笑)
ちなみに、新商品が何かは教えてくれませんでした。

鶏肉は、シンプルなスパイス&塩コショウで味付け。
だんご汁には風曜日の「ゆず胡椒」を入れました(味が薄かったため)
ゆず(とうがらしも)は杵築の河地さん、塩は宮崎「満潮の塩」、塩分控えめに作ってあり(塩分濃度20%未満)、仕上げに「西の関」を加えました。
HP・喫茶限定ですので、お求めの方はぜひ!

大分名物の「だんご汁」ですが、熊本では「だご汁」といいます。
熊本名物の「いきなりだご」も標準語になおすと、「いきなりだんご」ですね。
「いきなり」の語源は、急なお客さんをもてなすために「いきなり」作ったからのようです。
ん?麻婆豆腐のまーぼばあさんのようなお話です(笑)
皆さんは、急なおもてなしには何をつくりますか?
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-30 18:12 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 寒っ!   

2006年 03月 29日

昨晩はかなり冷え込みました。
こんな夜は「鍋」ということで、水炊きをしました。
(よい豚肉が手に入ったので)
風曜日の「かぼすポン酢」は、水炊きに合わせてブレンドしています。
地元の本醸造のお醤油と、羅臼昆布・枕崎のかつおぶし・佐伯のいりことしいたけでダシをとっています。ポン酢に合わせて濃い目につくった田舎ポン酢(甘くない)です。
ぜひお試しください。

雪がちらついていたのですが、朝、うっすらと積もっていました。
(すぐ溶ける程度ですが)
数年前、4月1日であるにもかかわらず積もったことがあるので、気を抜けません。
とりあえず、会社のスタッドレスタイヤは3月いっぱいで履き替えることにしています。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-29 08:06 | Trackback(2) | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン まめたろうくん   

2006年 03月 26日

風曜日には、2匹の犬がいます。
ボーダーコリーの「うた」と、ラブラドール(と雑種のハーフ)の「むぎ」です。
うたは雌、むぎは雄です。
天気の良い日はひなたぼっこしています。

先日、うたのお見合い相手の「まめたろう」くんが遊びに来ました。
私は同席していなかったのですが、とてもかわいらしいワンちゃんとのこと。
風曜日はドッグランもあるので(営業できるほどのものではありませんが・・・)、皆で仲良く駆け回っていたようです。

4月は、いろんな商品を試作する月です。
「かぼちゃ」「バナナ」のジャムの他にも、いろんなお菓子にもトライします。
請うご期待!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-26 16:39 | Trackback(1) | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 旭松堂さん「雪花糖」   

2006年 03月 25日

今日は「春の日差し」という言葉がぴったりです。
朝の出社時、車のフロントガラスは凍っていますが・・・・・・

マイカーのSAAB(サーブ)は、スウェーデンで戦闘機制作もしていた会社です。
中古なので、かなり走行距離もかさんでいます。
昨日に続き、今朝も警告音と共に「BREAK LHIGHT FAILURE(?)」というランプが点灯しました。「CLEAR」を押すと、警告ランプが消えるので、警告→消すを繰り返しつつ乗っています。
どういったシステムなんでしょう?
さすがにマズイでしょうから、説明書読んでみます。

金沢のおみやげに、旭松堂さんの「雪花糖」を買ってきました。
「雪の白山を転がるくるみの実」をイメージし、くるみを和三盆と寒梅粉をまぶしたかわいらしいお菓子です。
やはり和三盆の上品さは別格です。
徳島で和三盆の製糖現場で食べたこともありますが、菓子職人は味に一捻り加えてくれます。
抹茶と共に味わえば、おいしさUP?

ちなみに、うちの母も裏千家を学んでいました。
風曜日もオープン当初は「抹茶・コーヒーのお店」でした。
小さな畳(30センチ四方)をあけると、茶釜入れるスペースがあるのですが、
うちのばあちゃんが足をつっこんで怪我して以来、封印されております(笑)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-25 11:44 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 大分でもサクラ開花   

2006年 03月 24日

対馬や福岡に続き、大分でも桜が開花したようです。
大分のどのあたりなのかな?気になります(笑)

湯布院はまだ寒いので、しばらくお預けでしょうか?
梅の花は満開です。
世の「さくら」ちゃんたちは、この時期に生まれたんでしょう。
時代を遡れば、「ウメ」さんですね。

出張している間の製品試食をしております。ぶっつづけでジャム&コンポート&ジュースのテイスティングしています。ちなみに、すきっ腹の時を選んでいますが、10日分あると大変ですね(笑)
(料理つくる=味見する時は、満腹ではいけない。by 北大路 魯山人)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-24 13:36 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン ポポーの木、いただきました   

2006年 03月 24日

幻の果物、「ポポー」の木を、別府の川田さんからいただきました。(6本)
おじい様の代から、当時珍しい温室栽培(別府の温泉熱利用)に取り組まれたりと、先進的な活動をされていた川田家。
現在は、大分吉野の畑に、いろんな作物とともに、ポポーの木も植えておられます。

f0017696_0113497.jpg

川田さんは病院に検査入院されており、奥様より頂戴いたしました。
どうぞ、ご自愛くださいませ。

直径1センチ、高さ1メートルほどの細長い木(枝のような細さ)で、まだまだこれからです。
ここまで育てるのに、おそらく3年ほどかかっているでしょう。
由布院はちと寒いので、庄内あたりに畑を借り(同じ由布市だし)、そこに植えようかと思っています。

「俺のかたみだ!」とまで言われたポポーの木、大切に育てていきます。
畑が見つかるまで、取り敢えずご近所さんの畑で一休み。

話は変わりますが、「PH試験紙」を購入しました。
中性が7、それより数値低ければ酸性、高ければアルカリ性、その程度の知識しかありませんが、いろいろ試して計ってみます(笑)
ちなみに、私の口の中につっこむと、だいたいPH6~7の色になりました。
アルカリ性食品をもっと食べなければ?
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-24 08:32 | Trackback(1) | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 金沢より戻りました   

2006年 03月 24日

1週間の金沢でのお仕事も無事終了です。
販売をサポートしてくれた松田さん、出展業者の皆様、大和のスタッフ、そしてご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

私が入った頃は、丁度「かに」が終了する頃でした。(3月15日あたりで終わり。メスは資源保護法の関係で、1月までの漁しかできないそうです)
氷見のぶりなども有名ですが、俗に言う「寒ぶり」は1月のものらしいです。
そのかわり、「あまえび」「さより」「まんじゅがい」「がすえび(甘エビより一回り大きい、白っぽいえび)」など、おいしかったです。
f0017696_0153388.jpg

(う~む、イマイチの写りだな・・・携帯では上手く取れたのですが、アップができぬ)

帰りは、でっかい門のモニュメントが立派な金沢駅にて、「森八」「小出(こいで)」のお菓子を物色。お菓子はさすが加賀百万石の流れをくむ、優雅なものが沢山ありました。

ちなみに、この期間はWBCの準決勝・決勝を、ほんの少しですが見ることができました。
王JAPANの優勝は最高ですね!
一時は準決勝進出も危ぶまれましたが、見事優勝!
特にキューバとの決勝は手に汗にぎる展開でした。「ヤキュウ」の素晴らしさを実感しました。

大分に戻ってみると、何とキューバとの一戦は放送されなかったと聞き、ビックリ!
いくらなんでも、これは放送せないかんでしょう・・・
うちの両親は、ニュースでしか見られなかったとぼやいておりました(笑)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-24 08:22 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 加賀名物   

2006年 03月 22日

晩酌は、加賀名物を一杯食べました。
まず、焼魚で「のど黒」。脂の乗った美味しさは絶品。はすむし(すり潰した蓮根のだんごを蒸したもの)や、ホタルイカの刺身、ごりのから揚げなど。
「ごり」は初めてなので、ちょっと感動しました。(小さなものが2匹しかなかったけど)

お酒は焼酎で「武蔵」。「絶対不敗」と「二天一流二十一代師範認定」のラベルが素晴らしい(?)芋焼酎です。

ホタルイカは活きてこそいませんでしたが、先日の「活きホタルイカ」よりも美味しいではありませんか。ひとつお勉強になりました。

この日もハモン・デ・クジュウの後藤氏と、近藤養蜂所の佐藤氏と共に繰り出したのですが、朝礼の話や商売に対する熱意、非常に勉強になりました。
早速戻って役立てるつもりです。

ちなみに、お店の名前、忘れてしまいました・・・(すみません)
香林坊の109(金沢にも109が!でも、東京の人みたいに「マルキュー」って言わないんだろうな)脇の裏道を入っていった先にあるお店なのですが・・・
次回より気をつけます。ネットサーフィンして店名は探しておきますね。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-22 09:41 | Trackback | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 味処 かねき   

2006年 03月 21日

昨晩は、なかなか良いお店を発見!
宿泊しているホテルの近く(利家公ゆかりの神社近く)の居酒屋「かねき」さんです。
「キと書いて「かねき」と呼びます。

ここは刺身盛り合わせがよかった!ボリュームたっぷりで、サヨリ・カンパチ・貝などと共に、活きホタルイカが!ホタルイカは鮮度が命、動いているホタルイカをほうばりました。

他にも「せせり(鳥の首の後ろの肉、あまりとれない貴重な品)の串焼き」、岩だこのバター焼き、くろめに似た何か(名前忘れた)など盛りだくさん。お店の雰囲気も、綺麗ではありませんが、私好みのおんぼろチックなところです。

日本酒は「初音」(一般発売していない分らしい)をいただきました。

近藤養蜂所の佐藤氏、ハモン・デ・クジュウの後藤氏、菊屋の古城氏と堪能してきました。
明日で催事も最終日、祝日でもあるのでがんばるぞ!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-03-21 09:16 | Trackback | Comments(0)