言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 北海道に行ってきました。   

2006年 04月 29日

さっぽろ東急で行われた「お国自慢」催事に出展してきました。
PCの不具合のため、アップできなかった話題を立て続けに(!)投稿していきます。

札幌といえば、「ジンギスカン」。
すすきのの路地にある「だるま」さんに行って来ました。
札幌でジンギスカンといえばここ、炭火&美味しい肉のお店です。
f0017696_025187.jpg

     (すすきのに来たら、まずはここでスタミナをつけろ!?)

おばちゃん達3人の動きがきびきびとリズミカル。
炭火ジンギスカンはここが発祥の地だとか。
今回2度目だったのですが、相変わらず行列が出来ていました。
まあ、席数も少ないので、自然に列ができますが・・・
目の前の学生グループが6人と大所帯だったのですが、無事に仲良く席に座ることができました。

まずはチャンジャと生ビールをオーダー。
チャンジャは酒のつまみには最高です。
ちびちびやっている間に、鍋に山盛りの野菜がどさっ。
脂をてっぺんからひき、ラム肉を焼いていきます。「だるま」の肉はクセがなく、とても食べやすい美味しい肉です。(クセのある肉・マトンなんかも大好きですが)

たまねぎはよく火を通さないとツーンときます(笑)
鍋のふちにたまった脂でフライ状態にしてから食べるのがgood!
但し、この食べ方は全然ヘルシーではありません(笑)

ぜひともおすすめです!
場所は客引きのお兄さん達にきけば一発です(笑)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-29 18:27

言葉変換『もんじろう』用アイコン ほや   

2006年 04月 23日

三陸のわかめ屋さんより、「ほや」をいただきました。
九州では、あまりお目にかかれない?品物です。

ほやは貝のようですが、多少進化しており、貝と魚類の中間のようです。
もともと東北の一部で食され(二束三文だったらしい)、昔の集団就職で関東に出て来た皆さんが持ち込んできたようです。

築地の市場では、仕入れ帰りにほやを数個買っていく板前さんも多いようです。
酒のつまみに最適ですね。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-23 09:09

言葉変換『もんじろう』用アイコン 春の七草   

2006年 04月 18日

「春の七草」は、せり・なずな・五行・繁縷・ほとけのざ・すずな・すずしろ、です。
1月7日に食べる風習で、平安時代から続いています。
ごぎょうなんかは、田んぼのあぜ道などでよく見かけます。
最近寒いので、七草の話題を書いてみました(笑)

せりは毒ゼリを採らないように注意!

昨日は、「ゆふいんの森」号へ、試作品の数々をお届けしました。
JR九州は福岡にありますが、宅急便使うより、ゆふ森に載せたほうが早いです。
キウイ日和、トマト日和(熊本の澤村さんより頂いた最高のトマトで作りました)、試作のバナナジュースといった顔ぶれです。
バナナは色止めにビタミンCを加えたものと、色が変わってもいいやと酸を加えない2つをご用意しました。味わいとしても、酸味が入らないほうが美味しいです。
牛乳を使うのですが、気をつけないと牛乳+酸→ヨーグルト、となってしまいますので・・・
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-18 07:03

言葉変換『もんじろう』用アイコン 甘夏と夏みかん   

2006年 04月 17日

甘夏と夏みかんの違いってなんでしょう?
「夏みかん」はあまり見かけません。(ここ数年は皆無)
地元(大分)では、「甘夏」が主流で、袋詰めでドカンと置いてあります。
「すっぱさ」のせいか、ポンカンなどと比べ、あわれな扱いも多いのですが・・・
「甘味」も重要なファクターです。
風曜日では、必ず味わっておいしいものを使いますが、基準は「爽やかさ&しっかりした甘味」です。

もともと「甘夏」は「夏みかん」の突然変異種らしいです。
この突然変異という奴は、ままあることらしく、「ネーブルオレンジ」も突然変異と聞いております。今では「甘夏」が主流です。

感覚的には、「甘夏」が「初夏の訪れ」(食べる機会が多い)、「夏みかん」はちょっとしたお話に登場するイメージです。
純文学では、梶井基次郎の「檸檬」が有名ですね。「丸善」では、檸檬を置いていく方が毎年結構いるようですよ。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-17 20:11

言葉変換『もんじろう』用アイコン 蒲江に行きました   

2006年 04月 17日

「道の駅 かまえ」にて、湯布院コーナーができます。
海の町、蒲江でも湯布院で作っている商品を置き、お客様にアピールすることができます。
大分最南端だけあって、下道で向かって3時間ほどかかりました。

途中、臼杵の海岸端を走りました。
甘夏を作っていただいている藤田さんの畑を通ったのですが、天気もよく、美味しい甘夏ができそうだ、と思いました。藤田さんにご挨拶を、と思いましたが、お店が休みだったので、またの機会に伺います。その時は、ご近所の山口さんにもご挨拶。(一時期みかんでお世話になりました)
「今年の甘夏は、良い出来だよ!」(藤田さん談)

構えでは駅長の後藤さんにいろいろとご説明いただきました。
海鮮丼を頂き、お土産もいろいろと購入。アジ&鯛の干物までいただきました。
レストランでの業務用に「割かぼす」サンプルお渡ししました。

海産物コーナーが売上の3割占めるとのことですが、それ以外にも、大分の産物(しいたけ等)
ありました。農産物コーナーもあります。シーズンが来たら、お魚コーナーもさらに拡充されるのでは?加工所も立派な施設があり、パンや惣菜など作っているそうです。
お客様へのアナウンスで蒲江の町を紹介しており、買い物をしながら町の情報もゲットできます。これはありがたいですね。
オープンから2年、スタッフの皆さんが一丸となって頑張っています!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-17 08:35

言葉変換『もんじろう』用アイコン 試作のミーティング   

2006年 04月 15日

昨夜は10時過ぎまで、試作商品のミーティングを行いました。
製造担当の大崎くんと、アドバイザーの村田 勝(父です)と3者でミーティング。
バナナ・かぼちゃといった素材を、お取引様とタッグを組んで商品開発をすすめています。

かぼちゃは色持ちがよく、変質しないスグレモノです。
但し、口当たりをまろやかに、と牛乳を加えたりすると、色が少し薄くなります。
バナナは酸味を加えるとヨーグルト化してしまうのですが、酸味を加えないとすぐに色が茶色くなります。

香料や着色料を使うことなしに、これらの課題をクリアするのはなかなかハードルが高い!
(特にバナナ)いろいろと試行錯誤し、毎日が試作漬けです。
すでに20パターンは試したかな?
ようやく理想の味に近づきつつあります。

「かぼちゃジャム」は、トキハわさだ店さんのジャムフェアで、完全限定でお披露目しています。
「パンプキン」という言葉がぴったりですが、ラベルもあわてて作ったので、「かぼちゃジャム」として並んでおります。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-15 10:43

言葉変換『もんじろう』用アイコン ドッグスペース、看板つくりました   

2006年 04月 13日

風曜日では犬を放せるスペースがありますが、竹を地面につきたて、ロープで固定した柵で囲っただけのハンドメイドです。
とてもじゃないけど「ドッグ・ラン」というには程遠い!まあ、無料で開放しているので、「ドッグ・スペース」あたりがお似合いです。
と言うわけで、「ドッグ・スペース」の看板をベニヤ&ペンキで作りました。
妹と母の合作です。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-13 18:02

言葉変換『もんじろう』用アイコン かぼす園の手入れ   

2006年 04月 07日

f0017696_073314.jpg

  (一番最初のかぼす園。ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル!!!!!)

今日は、大野町にある風曜日かぼす園の枝打ちです。
車で1時間以上と遠いところですが、廃園になっていたかぼす園を復活させました。
(もっとも、まだまだ手入れが必要ですが)

昨晩は雨が降ってましたが、今朝は快晴です。
かぼす園はほったらかしにしておくとジャングル化するので大変です。
近場に無いか探していますが、由布院で見つけることが叶いませんでした。

農薬・化学肥料など一切使いません。
(使い方もわからないし・・・)
秋口に収穫された「かぼす」は、おいしい「かぼすジャム」になります。
やっぱり自分達で育てた「かぼす」は最高です。
工房の大崎くんが今日の手入れのまとめ役です。がんばって!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-07 07:59

言葉変換『もんじろう』用アイコン 霧立ち込める朝   

2006年 04月 06日

季節は春になり、朝も5時半ごろから夜明けが始まります。
今朝は霧が立ち込めておりました。
由布院の「朝霧」は、盆地状になった町内に霧が立ち込め、ちょうど湖のように見える現象です。(冬場メインかな?)

風曜日の喫茶は高台に位置しているので、朝霧を見下ろせます。
ただ、今朝の霧はこの高台までを包んでおりました。

昨晩はミネストローネを食べました。
野菜だけで作ったスープ、おいしいですよ。
喫茶のランチ、ディナー(要予約)にもスープ付きセットがございますので、ぜひご賞味ください。
ディナーには、メイン料理で「鯛の塩釜」がつきます。(4名様以上)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-06 08:32

言葉変換『もんじろう』用アイコン 割かぼす   

2006年 04月 05日

嵐?昨夜は稲光と雷鳴が轟く、大荒れの天気でした。
雨もすさまじく、心配になって事務所を見に行きました。
(以前、台風で雨漏りしたことがあったので・・・屋根がスレートなのですが、その隙間から風雨が吹き込んでいたようです。その後、補修しましたが)

街灯の無い道も、稲妻で一瞬明るくなります。
何度も「稲妻ライトアップ」を体験しました。
草庵「秋桜」さんで打ち合わせしていたのですが、建物がビリビリ震えていました。
近くで落雷でもあったかな?

秋桜さんでは、「割かぼす」の焼酎割りについてテイスティング&打ち合わせ。
比率や原価などを考えながら、頭を悩ませました。
以前は「食前酒」で強めのブレンドだったのですが、今後は「カクテル」としてメニューに載ってますので、「爽やかな酸味」を前面に出し、アルコールは飲みやすくするブレンドで考えていきます。

しかし、昨夜の雨・雷はスゴかったなあ・・・・・・
[PR]

by kaze-youbi | 2006-04-05 07:21