言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2006年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン ゆふいん音楽祭、ティータイム   

2006年 07月 31日

4日間にわたって行われた「ゆふいん音楽祭」。前半の日程はお洒落な「アルテジオ」で行われ、後半は「湯布院町公民館」で行われました。
30日は、第一部と第二部の間に「ティータイム」が設けられ、ゆずジュースを持っていきました。
ティータイムにジュースを飲んでもらおう、と「差し入れ」感覚で考えていたのですが・・・

演奏が終わり、お客さん達がホールへ続々と!この日のお客様は220名オーバーだったのですが、さすがにこれだけのお客さんが一気に集まるとは予想できず、溝口さん・スタッフの皆さんとてんてこ舞いで応対しました。
公民館には自動販売機なんて無いので、もっとしっかり対応するべきでした・・・来年は気をつけます。

「ゆずジュース」は「甘さすっきり」のストレートタイプです。本数も少ないのでHPにもアップしていない、完全限定品です。「赤しそジュース」でおなじみ、溝口さんと同じテーブルで準備しました。(溝口さんは、音楽祭・映画祭にいつも赤しそジュースを作ってきてくれる)

別のテーブルには、喜久さん・亀の井さん・HAMANOさん・B-Speakさん・赤司さん・玉の湯さんのお菓子が並んでいました。これらも瞬時に無くなり、残っていたのはゆふ森の飴玉くらいでした。
f0017696_11561367.jpg
立派なタペストリー(?)もできました。今回で32回目なのですが、毎年少しずつ応援してくれる方が増えてここまでになりました。ちなみに今回はTシャツもあり、黒を一枚買いました。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-31 09:58

言葉変換『もんじろう』用アイコン 大阪小ネタ (大阪の地名)   

2006年 07月 30日

小ネタですが、相撲の「タニマチ」(判りやすく言うと、力士の後援会?)の語源は、大阪の「谷町」の地名からきています。このあたりの有力者が興行をバックアップしたのが、そのまま「タニマチ」って言葉になったようです。近くの「船場」もそうですが、さすが大阪、商人の町って感じの地名がたくさんありますね。

道頓堀も、作ったのは地元の有力者でした。豊臣時代に道頓堀の原型はできたのですが、徳川幕府の時に「道頓堀」と命名されました。これは英断だと言われています。(徳川幕府からすれば、豊臣方の人間は「敵」にあたるわけですから)
司馬遼太郎の小説に、道頓堀を題材にした佳品があります。短編ですが、最も好きなお話です(題名忘れたけど)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-30 03:15

言葉変換『もんじろう』用アイコン 別府大学にて (父と学食へ)   

2006年 07月 29日

父の職場、別府大学に行ってきました。実は冷蔵庫にトラブル発生、ほんの数日だけ梅を保管してもらいました。お昼時なので、父と学食に行ってきました。

子供のころよく遊んだ喫茶(さんごうかん)は無くなってましたが、学食は2つになっていました。昔からの学食はたまに行くので、今日は新しくできた学食へ。なんでもジョイフルが経営してるらしい!?

f0017696_22401547.jpg
(父です。ジュースを飲んでおります。こちらの学食は、3回目くらいのようです)

学生さんが自分で作った粉末のお茶を持ってきました。水で溶いて飲むそうですが、これはもっと細かい粉末できるグラインダーが必要かも?
f0017696_22452445.jpgf0017696_2247460.jpg

食事中も、何人もの学生さんがお話にきてくれました。父のキャラクターは学生達にも親しまれているので、嬉しく思います。小さな頃、父にはいろんなところへ連れて行ってもらいました。(大学の幼稚園でもよく遊んだ)いつの間にか、学生より年上になってしまったので、何かしら恩返しができれば、と思います。まぁ「恩返し」と言いますが、当然、いくら返しても返しきれるものではありません。だからこそ、できる限り精一杯のことをしたいと思います。
(今年は家族旅行をプレゼントの予定)
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-29 21:05

言葉変換『もんじろう』用アイコン 大阪にて (近鉄阿倍野、コクラン・エネ)   

2006年 07月 28日

近鉄あべの地下、「コクラン・エネ」というパン屋さんに、風曜日商品を集めたコーナーがあります。うちは小さなお店なので、知名度はありませんが、すこしずつファンのお客様も増えてきました。たまにしか行けませんが、今回はプロモーションも兼ねて挨拶に行きました。
ご来店いただいたお客様、ありがとうございます!!

f0017696_2221172.jpg
f0017696_2224125.jpg
(上)スタッフの皆さん。バケット握っている彼は、ツッコミどころ満載です。(下)4月の写真。すみません、メールで送るの忘れてました!スーツ姿のあやしいのが僕です(笑)

これからも美味しいジャムを作っていきますので、よろしくお願いします!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-28 23:29

言葉変換『もんじろう』用アイコン 大阪にて(自由軒、休みでした・・・)   

2006年 07月 27日

ちょいと遅れましたが、所用があって23~24日と大阪に出張してました。毎度ですが、フェリー「さんふらわあ」を使いました。朝早く(6時20分)に着くので、いつもと同じペースで仕事ができます。飛行機だとそうもいかない・・・

夕飯は難波の自由軒に行きましたが、お休みでした。名物カレーライス(土手の中に生卵をおとしたやつ)を食べたかったのですが・・・今まで他の定食ばかり食べて、一番の名物を食べてないとは。551の肉まん食べました。(レジのおねえさんのラッピングが早くてびっくり!)

ちなみに、難波の自由軒と船場の自由軒は、「どっちが本家か?」と争っているそうです。今度は船場に行ってみよう!
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-27 22:13

言葉変換『もんじろう』用アイコン 梅の仕込み   

2006年 07月 27日

梅はあくをとるため、下ごしらえをします。
その後、ヘタ(?)をとっていくのですが、竹串を使います。簡単に「ピッ」ととれます。
f0017696_21573825.jpg何をやっているかわからない?今まさにヘタをとるところです。おだんごを作っているのではありません。

梅は酸味も強く(PHは3程度?小学校で使っていたリトマス紙の色で判断していますが・・・)、香りも良いです。チョーヤの梅酒は、青梅から完熟した黄色い梅に変えたところ、大ヒットしたようです。(ビンが緑なので、外からはわかりませんが・・・)

風曜日でも、梅は人気者です。うちの庭に生えた梅は、父が梅干にして一袋300円で売っています(喫茶のみ)昔ながらの作り方なので、かなりしょっぱいけど美味しいですよ!

ちなみに、梅干の保存性は凄まじく、平安時代の梅干(どこにあるのかな?)も充分食べられるそうです。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-27 21:52

言葉変換『もんじろう』用アイコン 喜久さんの花ゆず&ホワイトチョコわらび   

2006年 07月 27日

ここしばらくブログの更新ができていなかったのですが、ネタだけは集めていました(笑)
まずは、町内のお菓子屋さん、喜久さんの「花ゆず&ホワイトチョコわらび」です。
f0017696_21325687.jpg喜久さんは駅前の鳥居から曲がり、ローソンの向かいにお店があります。ゆずを使ったお菓子が多く、「深山」「ゆず練り」などもあります。チョコわらびなどの変わったお菓子もあります。(チョコわらび、開発時に試食させてもらったのですが、粉(ココア?)でむせてしまい、10分ほど咳が止まりませんでした。ちなみに今回はお茶をこぼしてしまいました。そそっかしくてスミマセン)

ホワイトチョコわらびは、夏の新作です。こいつは楊子なんかじゃ切れません。一口で食べるのが作法?ゆずのアクセントがほんのり香ります。

お店の佐藤さんには、いろんなアドバイスを頂いています。佐藤さん、これからもよろしくおねがいします(笑)

ちなみに喜久さんの「喜」の字は、「七」を三つ書くのが本当です。
カタカナでキクさんと書こうと思いましたが、おばあさんの名前みたいなのでやめました(笑)
HPの文字も「喜久」となっております。
喜久さんのHPはこちら
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-27 21:26

言葉変換『もんじろう』用アイコン これからの製造予定   

2006年 07月 20日

大変だったももですが、今週でほぼ仕入が終了の予定です。もも部会の皆さん、ありがとうございました。また、ももは痛みやすく、品質管理も大変だったのですが、今年はとてもいい出来のジャム・飲料が出来たと思います。製造スタッフのみんなもありがとう!!

来週より、大山町森梅園さんの「梅ジャム」、安心院の宮田ファミリーぶどう園の「ぶどうジュース」「ぶどうジャム」を予定しています。先日、梅ジャムの試作を作ったばっかりですが、早速資料を森さんに送らなければなりません。時間掛かってすみません、森さん!

森さんの梅は、大山町でも一級品、コンクールにも毎年常連、すべて完熟の南高梅です。宮田さんのぶどうは「王様のぶどう」として有名です。ジュースは玉の湯さんにも出しています。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-20 12:36

言葉変換『もんじろう』用アイコン お昼ごはん   

2006年 07月 19日

今、配達の荒金と、花の木の「和(なごみ)」でお昼です。PEACEさんのランチが休みだったので(カフェはO.K.)こちらにきました。私は地鶏焼き定食、荒金がてんぷらそばです。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-19 13:00

言葉変換『もんじろう』用アイコン 発酵食品研究会   

2006年 07月 15日

10月3日(火)、別府大学にて、東京農大の小泉武夫先生が講演されます。
お題は「発酵食品の神秘」。
先生の著作、「食道楽食い道楽」は、私も好きです。ちなみにいなりずしの唄は、この本で覚えました。うろ覚えですが、「恋すれば 逢いに来てみよ和泉なる しのだの森の うらみ葛の葉」です。しのだの森(漢字忘れた)に住む狐、葛の葉が、愛する我が子(人間とのハーフ)へ送った唄だったと思います。

閑話休題。
別府大学が、「発酵食品研究会」なるものを立ち上げます。
私は後学のため参加しますが、大分県の農産物・畜産物・海産物などの発酵食品を開発する目的です。既にご案内差し上げている方もいらっしゃいますが、興味のある方はご連絡ください。

別府大学は「食物バイオ学科」を新設、講師陣の顔ぶれも気合入ってます。
小泉先生は、バイオ学科の客員教授としてご指導に当たります。
ちなみに北海道の佐藤水産さんの月刊誌「共鳴(こだま)」には、「札幌小泉塾」の記事があり、いつも読ませてもらってます。
[PR]

by kaze-youbi | 2006-07-15 19:21