言葉変換『もんじろう』用アイコン うすき旬食フェスタ!   

2009年 11月 16日

f0017696_18174278.jpg

農園での祈願の後は、サーラ・デ・うすきにて「うすき旬食フェスタ」!
お天気にも恵まれました☆

サーラ・デ・うすきはポルトガル風の建物で、
宗麟ゆかりの展示があります。
そして、宗麟かぼちゃもここにあります。

臼杵は昔の建造物がたくさん。
趣・歴史のある町です。
映画「なごり雪」のロケも、この地で行われました。


f0017696_182143100.jpgf0017696_1822256.jpg









サーラの中庭では、皆さんがいろんな食べものを売ってました。
左は「たちうおバーガー」、右は「黄飯(わかめ入り)とおからコロッケ」
黄飯(おうはん)はクチナシで黄色く炊きあげた臼杵の郷土料理。
太刀魚は魚がいっぱいの証拠?


f0017696_18281256.jpg
f0017696_18302985.jpg










宗麟かぼちゃで作ったジャムもありました!人参も臼杵で有機栽培されたものです。
これらは「グループ恵」の皆さんによるものです。添加物無しのお漬け物も美味しい☆
セロリ・人参・・・お土産に買いました(笑)
黄かぼすを使ったお菓子たちも。パンウドケーキにブッセ。

f0017696_18355760.jpgf0017696_18375418.jpg
















今回は赤峰さん(なずなグループ代表)の講演もあります。
こちらの野菜は、赤峰農園で栽培されたもの。つみれ汁にたっぷり入ってます!
みずなを生で食べてみたのですが、全くえぐみありませんでした
「循環農法」のお話、とても楽しみです♪

f0017696_18505166.jpgつみれ汁には、うすき製薬さんの
黄かぼすを搾っていれます。
このキュッとした感じがたまらん♪タイプしながら、思わず涎が・・・・・・(失礼!)

この後は、赤峰さんの講演です。
農薬・化学肥料を一切使わない、
それでいて立派な野菜をたくさん収穫

このスタイルに辿り着くまで、実に
20年以上かかったそうです。

書籍を購入。
「循環農法」・「アトピーは自然からのメッセージ」。
現代の農法システムは、効率重視ですすんでますが、食べる人・作る人ともに弊害も出ています。

いろんな意見があると思いますが、まずは実際に触れて・体験してみてください。
私は農業についてはド素人ですが、これからの時代「循環農法」は必須の考えだと思います。
[PR]

by kaze-youbi | 2009-11-16 18:13

<< 可児醤油さんの「みそソフト」 黄かぼす旬入りまつり (うすき... >>