言葉変換『もんじろう』用アイコン 玉の湯   

2011年 12月 16日

由布院を代表する旅館、玉の湯
小さいながらもキラリと光る品揃えの売店、C.W.ニコルさんの要望でできた「Nicol’s Bar」(当時、由布院にはBarがなかった。由布院最初のBarとなります)、そしてこの時期、
暖炉が心地よい談話室(宿泊者専用)。
売店で画集買いました。水彩画のお勉強!自分の落款もこちらで購入。センスが光ります。

f0017696_1125416.jpg
辰巳芳子センセのアドバイスの元、山本料理長のスープも進化を続けます。
椀物は、ゆずを繰り抜いたスープ。「命のスープ」です。

f0017696_11384312.jpg
メインディッシュは、豊のしゃも、すっぽん鍋、など4種からチョイスできます。
この日はガッツリ炭火焼!豊後牛です。器も素晴らしい・・・
肉厚のフィレ肉、最高級の美味しさ ♪ お肉は原価ケチるお店もありますが、一番判るところ。
久々に肉の美味さを堪能しました!この歳になるとロースよりフィレが好き。

f0017696_11415586.jpg
デザート、果物とスイーツから
チョイス。

りんご&かぼすシャーベット。
水色と青、とても
爽やか。

食後の幸せを満喫します。


******************
今回ご一緒したのは、北茨城一の老舗旅館、あんこう料理が売りのまるみつ旅館
若手支配人とコンサルの先生。北関東は原発問題が深刻ですが、経営への情熱・前向きな姿勢、大変勉強になりました!

P.S. 武子さん、あん肝の刺身楽しみにしています!
[PR]

by kaze-youbi | 2011-12-16 07:09

<< 中洲・十和蔵 (新江料理長と) 熊本あれこれ >>